クレジットカード現金化の上限、どう設定されている?リセットはいつ?

金融業者に頼らず当座のお金を確保できるクレジットカードの現金化ですが、ショッピング枠の利用限度額以上は使用できません。
この利用限度額がどういうものなのか、リセットされるのはいつか、また、限度額を上げる方法について解説します。

利用限度額は、とりあえずカード作成時に決まっている

クレジットカードを作成する時、仕事や収入などを記入したかと思います。
それによって審査が行われ、利用限度額が設定されています。
注意するべきはこの利用限度額は「一度の利用限度額」ではない点です。
たとえば限度額が50万であっても、他の買い物で1万を使っていたら、現金化に使用できる枠は49万ということになります。
自分のカードの利用限度額がわからないという方は、明細書や、カード会社のマイページなどで確認してみてください。
無料のレギュラーカードなら5万~100万というのが一般的。
ゴールドカード、プラチナカードなど高ランクのカードになると、150万~利用限度額がないということもあります。
利用限度額を超えて使用することはできませんので、残りの利用枠は把握しておきましょう。

利用限度額はいつリセットされる?

支払日に、口座から引き落とされるたびにリセットされます。
ショッピングで使用するたびに限度枠がその分埋まり、支払った分が限度枠から抜けていくというイメージです。
当然、支払いに遅延が発生した場合、利用枠が復活することはありません。
あくまで「支払った時」です。
つまり、月が変わったらリセットされるというわけではありませんし、分割払いなどで全額を払っていない場合も、支払った分だけしか復活しません。
リボルディング払いなどを使用していると、恐ろしいことに支払っていても実はほとんどが利息で、全く限度額が戻っていなかった、という場合もあります。
現金化に限らず、クレジットカードは便利な決済手段です。
使えなくて困ることのないよう注意しておきましょう。

限度額を上げるには?

転職や結婚、収入の増加があった場合、カードを使い始めてしばらく経った場合など、カード会社に申請すると上限をあげて貰えることがあります。
個人情報の変更を行った場合も、内容によって同じ結果になることがあります。
ただし、支払いの遅延など一度でもあった場合は難しいでしょう。
申請するだけならタダだから、とお願いしてみても良いのですが、収入や使用状況を審査された結果、カードが使用停止になるということもあります。
現金化を繰り返している場合、何に使ったのかこのタイミングで聞かれる可能性もあります。
逆に遅延なく支払いをしていれば、何もしなくても上がっている場合があります。
ある程度の使用と支払いを繰り返すことで、信用が上がった状態です。

まとめ

現金化に必要なクレジットカード・ショッピング枠の利用限度額について、参考になりましたでしょうか。
利用限度額の確認はカード会社のサイトなどから、リセットは支払った時、そして限度額増額の申請には慎重になるべき場合があります。
上限枠が数十万円という人が多いでしょうから、現金化は大金を確保するには向いていません。
あくまで一時的な現金入手手段と考えるのが良いでしょう。