新幹線の回数券を使ったクレジットカード現金化について

クレジットカード現金化に詳しい人や慣れている人にしてみれば、新幹線の回数券は現金化しやすくかなりメジャーな商品だという印象を持っているかもしれません。
ところが、あまり詳しくない人の間では新幹線の回数券は現金化の対象外だと思っている人もいるのです。
ここでは、回数券を利用したクレジットカード現金化について見ていきましょう。

回数券のクレジットカード現金化とはどういうこと?

そもそも新幹線の回数券をクレジットカードで現金化するというのは、どういうことなのでしょうか。
その仕組みは非常にシンプルなものです。
手順としてはまず回数券をクレジットカードで購入します。
その回数券を金券ショップなどの買取業者に買い取ってもらい、現金を受け取るという流れです。
回数券といっても、例えば家電をカードで購入して使わなくなったら売却という、多くの人が行っている方法と変わりはないのです。
とても簡単にできることなので、現金を今すぐに必要だという人の多くが行っているサービスでもあると言えます。

回数券はどこで買えて、換金率はどのくらい?

新幹線の回数券なのですから、基本的には駅の窓口で買うことになります。
ただ、窓口での購入を繰り返すのは抵抗があるという人は券売機を利用することをおすすめします。
対面での手続きの必要がないため、周囲に知られることなく購入することができます。
では、実際の換金率はどのくらいなのでしょうか。
実はクレジットカード現金化で注目されている商品の中でも、新幹線の回数券はかなり高い換金率だと言われています。
元々需要があるため年間を通してそこまで金額の変動が大きくなく、ショップにもよりますが大体90%近くにもなります。
また、どこの区間の回数券を購入するかで価格も変わってきます。
やはり距離が長い区間の方が短い区間よりも換金率が高くなる傾向にあります。
少しでも高く買い取ってもらいたい人におすすめの方法があります。
それは、買取に出すその日に買取業者に連絡をして当日の換金率を確認することです。
余程のことがない限り教えてくれますので、少々面倒かもしれませんがいくつかのショップに確認すると良いでしょう。

新幹線の回数券の現金化は手間?

換金率が高く駅に行けば購入できる回数券ですが、実は手間なのではないかという声も少なくありません。
回数券を使った現金化は業者を利用せずに自分でする方法と同じで、何から何まで自分でやらなければなりません。
業者を利用すればわざわざ店舗に赴く必要はなく、購入する商品も指定され自宅で気軽にできるサービスです。
しかし、回数券はどうしても自身で駅に行き買取ショップも自分で選び、手続きをする必要があります。
そのため、人によってはとても面倒に感じるかもしれません。
高い換金率を優先するか、手間がかかるから別の商品で現金化をするかは、事前によく調べて決めることが大切です。

まとめ

ゲーム機やブランド品は流行り廃りがあるため、換金率も大きく変動してしまいます。
その反面、新幹線の回数券ならば区間による違いはあるものの基本的に時間が経っても価値は変わらず、安定して現金化ができます。
だからといって無意識に現金化をするとカード会社の規約違反になる危険性がありますので、頭に入れておきましょう。