未成年はクレジットカード現金化ができるの?

クレジットカードがあれば現金を手に入れることができるクレジットカード現金化。
そんな現金化を利用したいという人は少なくありませんが、中には「未成年だけれども現金化ができるのか?」とお悩み中の人もいます。
でははたして未成年は現金化をすることができるのでしょうか。
今回は未成年のクレジットカード現金化について解説していきます。

未成年でも高校を卒業しているなら現金化をすることは可能

クレジットカードの現金化は未成年ではできないというイメージがある人もいるかもしれません。
ですが実は未成年であっても高校を卒業している人であれば現金化をすることは可能です。
これは、未成年でも18歳以上で高校を卒業している人であれば自分名義のクレジットカードを作れるためです。
現金化業者では本人名義のクレジットカードでなければ現金化を受け付けていません。
ですが逆に言えば、クレジットカードを作れる人ならば現金化をすることはできるのです。
業者によっては20歳未満の申し込みは受け付けてないこともありますが、18歳以上であれば利用できる業者もありますし、業者を利用せずに自分で現金化をすることも可能です。

自分のクレジットカードを持っていなくても家族カードを持っていれば未成年でも現金化は可能

未成年で現金化をしたいと思っている人の中には、まだ自分名義のクレジットカードを持っていないという人もいます。
実はそんな人もある条件を満たせば現金化をすることは可能です。
その条件とは、「家族カードを持っている」ことです。
家族カードは通常のクレジットカードと同じく高校生を除く18歳以上であれば発行することができ、それを利用すれば現金化をすることは可能です。
ですが現金化業者によっては家族カードでの現金化には対応していない場合もあります。
そのため家族カードでの現金化ができる業者を利用するか、業者を利用せずに可読カードで買い物をして自分で現金化をしましょう。
なお家族カードでの現金化の際には、カードの契約者の了承を得ている必要があるので、必ず契約者に確認をしてから手続きをしてください。

未成年が現金化を断られてしまうのはなぜ?

ここまでに紹介してきたように、18歳未満や高校生の場合、現金化をすることはできません。
また18歳以上であっても未成年であることを理由に現金化を断られることがあります。
これは未成年の多くは学生であり、自分で仕事をしているわけではないため支払い能力がないためです。
そのため未払いなどのトラブルに発展してしまうリスクが高いため、現金化を断っています。
また買取方式の現金化業者の場合は、青少年保護条例に引っ掛かってしまうことも影響しています。
青少年保護条例は都道府県ごとに設定されていますが、ほとんどの都道府県では18歳未満からの買取を禁止しています。
そのため青少年保護条例を遵守するために買取を行っていないのです。

未成年OKの現金化業者は悪質の可能性が高いので注意

ここまでに紹介してきたように現金化業者を利用する場合、未成年は現金化ができないことも少なくありません。
特に高校生以下の場合はまず現金化をすることはできません。
ですがネット上で現金化業者を探していると、未成年でも現金化ができるという業者が見つかることがあります。
ですがこのような業者は詐欺業者や悪徳業者の可能性が非常に高いのでおすすめできません。
未成年でも現金化ができると謳う業者を利用した結果、不当な請求などをされてしまい、親などにも相談できずに支払いをしてしまったという事例もあるため注意してください。

まとめ

今回紹介してきたように、未成年でも高校を卒業している18歳以上の人であれば現金化をすることは可能です。
ですが業者を利用する場合は断られるケースも多いため、自分で現金化をしなければいけないことが多いです。
一方高校生以下の場合は支払い能力がないため現金化は認められていません。
未成年でも現金化ができると謳う業者はありますが、そのような業者は悪質の可能性が高いため利用することもおすすめできません。
現金化をしたいという高校を卒業した未成年の方は、適切な方法で安全に現金化をしてください。
また高校生以下の方は現金かは認められていないため、可能な年齢になってから手を出すようにしてください。