クレジットカード現金化の相場について

クレジットカード現金化を利用する方は、もちろん皆さん現金が欲しいと思っているのです。
それもある程度まとまった額、ですからそれを基準に業者選びをしているでしょう。

最大換金率イコールもらえる額の相場ではない

お気を付けいただきたいのが、公式サイトなどである100パーセントに近い換金率をそのまま鵜呑みにしてはならないということです。
「最大換金率」と書かれてはいませんか。
あくまで最大でそれだけというわけです。
最大に近づくにはどうすれば良いか、何百万とかの大きな単位で取引をしなければなりません。
きっと多くの方々が数万とか数十万円程度の数字でやっているだけでしょう。
思ったほど手元に現金がもらえなかったとがっかりされているかもしれませんが、当然のことです。

現金化業者も商売のためにやっているのです

クレジットカード現金化というのは日本の法律に違反する行為ではありませんが、クレジットカード会社からは目を付けられるでしょう。
規約にはきっちり現金化はダメと書かれてあります。
敵を作りながらやっているそれは偽善事業ではなく商売です。
手数料という形である程度の金額が現金化業者のものとなるのです。
サイトに書かれてある数字をそのまま相場と思ってはならない、そこからいくらか手数料分も引かれるわけです。
更に現金は少なくなっていく一方です。
それなら自分で現金化をやった方が良いと思われるかもしれませんが、質屋に持ち込んだところで60パーセントから70パーセントくらいが相場です。
どういった商品が換金率が高いかを一から調べなければならないのですから手間もかかるし、やめておいた方がよさそうです。
換金率が高い金券とかブランド品ばかりいっぱい購入しているとクレジットカード会社から、現金化のために買っているのではないかとさっそく目が付けられます。
リスクも大きくなるのです。

クレジットカード現金化の本当の相場とは

クレジットカード現金化の最大ではなく平均・しかも手数料とかは引かれて実際に我々利用者の元へと入ってくる現金を考えた場合、本当の相場は80パーセントくらいと思っておくと良いでしょう。
質屋に個人で持ち込むよりは高いですが、100パーセントに近い数字をサイトで見ているとガッカリするかもしれません。
相場より高すぎるところは何かからくりがあるのでしょう。
客寄せのためのキャンペーンとかいうことであればともかく、犯罪の匂いがする場合もあるため上手く見極めることが必要です。
中には相場以下しかもらえないといったところも、ガッカリを減らすためにも特に初めて利用されるという方は換金率保証を出している業者を選ぶようにすると良いでしょう。
大抵の業者が保証するのが80パーセント、やはり80パーセントは現金化において相場なのです。

まとめ

クレジットカード現金化業者は多数あり、サイトでは換金率の高さを競うように謳い文句に乗せてきます。
でもそれは最大の数字であり平均ではないのではないでしょうか。
そこからどんどん手数料と称して引かれて行ったりはしませんか。
目先の数字に惑わされることなく、情報を精査することが必要です。
相場程度はもらいたいというなら換金率保証を出しているところなら安心です。